8つの会社設立ステップと解説について - 会社設立と個人事業主 どっちがメリットある?

会社設立と個人事業主 どっちがメリットある? > 8つの会社設立ステップと解説について

8つの会社設立ステップと解説について

image

会社を設立したいと思っている人は、まず何から手を付ければいいのか分からず、困惑している人も多いのではないでしょうか。
そんなときは、会社設立ステップに沿って手続を行うようにしましょう。
会社設立におけるステップは全部で8つなので、このステップについて詳しく見ていきましょう。


・会社設立ステップ
?商号を決める
②事業目的を明確にする
③本店の所在地を決める
④事業年度を決める
⑤資本金を決める
⑥出資者を決める
⑦株式譲渡制限の有無を決める
⑧機関設計を決める


・会社設立ステップの内容を詳しく説明!
?の商号というのは会社の名前や名称を決めることで、基本的には自由に決めることが出来ます。
しかし、同じ住所に同一の商号がある場合は登記が出来ないので、会社を設立する際に注意が必要になります。
②では事業目的を明確にするためにも、何をする会社なのかを考えたり、将来行いたい事業やサービスについても掲げておくのもいいと思います。
しかし、取引先や顧客によっては事業目的を掲げすぎてしまうと、かえってそれが不信に思われてしまったりすることも十分に考えられます。
また、融資にも影響してしまう恐れがあるので、中心となる事業を絞って事業目的を明確にするのがおすすめです。
③の本店の所在地を決める場合はレンタルオフィス、バーチャルオフィスなどでは銀行口座の開設が出来ないこともあります。
本店の所在地を決めるときは不利な状態を作らないように決めることが大切です。
④通常、会社は1年ごとに会計の区切りをつけるので、事業年度を決めて決算日を設ける必要があります。
⑤資本金は運転資金ともいわれていて、これを決めておくことで会社に必要な経費としてあてることが出来ます。
⑥出資者というのは株主を意味していて、出資者が会社に対して出資を行い、その見返りで会社が出資者に利益を還元することになります。
⑦株式譲渡制限を行っておけば、会社の乗っ取りや株式の譲渡をされることがなくなり、会社を守れるようになります。
⑧機関設計を決めるというのは、具体的に取締役や取り締まり会などを設置するという意味です。
主に、株主総会と取締役の2つは必ず必要になります。


このように会社設立ステップは8つあり、これらに沿って会社を設立しておけば安心して事業が出来るでしょう。
銀行口座の開設や融資などにも影響が出ることを考えて、事業項目や本店の所在地を決めておけば問題なく会社を運営していけると思います。