税理士に相談 - 会社設立と個人事業主 どっちがメリットある?

税理士に相談

会社設立にあたって税理士に相談することも増えてきますが、税理士に相談する場合重要になるのはどんなところだと思いますか?

まずはじめに当然ですが信頼関係がうまく構築できていないとなかなか相談もスムーズにできません。
これは案外見落とされがちな部分で、たとえばほかの経営者から評判がいいと聞いたから決めたが実際に付き合ってみるとあまり性格が合わなかった…というケースもあります。
いくら仕事上の関係とは言え人間対人間ですから、お互いに信頼し合える関係になれなければいけません。
会社設立時のアドバイスをもらうにしても自分が聞きたいことをよく整理して、それに対してきちんと答えてくれているのか、また依頼したことに対して期限は守ってくれているかなども重要な判断基準になります。

次に税理士にできる仕事についてですが、これは税金の申告、申請の代理、税務書類の作成、税務相談、税に関する不服審査手続き等を行う、税務調査の立ち会いといった税金に関すること全般です。
したがって税金について悩んだらまずは税理士に相談で間違っていませんし、変に自分だけで調べようとして失敗してしまうよりもはじめから税理士に相談したほうが問題解決は早いです。
もちろん自分自身でも税金について学ぶことは大切ですが、少しでも不安だなと感じたら迷わず税理士のところへ行くべきでしょう。
判断を誤ったばかりに法を犯してしまう可能性もありますし、そうなってからでは遅いのです。

最近ではほとんどの法律事務所や税理士事務所がホームページを持っていますし、会社の所在地から近い事務所を検索することもできます。
良い出会いをするためには必ず複数の候補をあげておくことが大切で、これは税理士選びだけでなくいろいろな面で共通するでしょう。
特に初めて会社設立する経営者はすべてが手探りの状態でスタートするわけですから、力になってくれる強い味方が一人でも多いほうがスムーズに仕事ができます。