社会保険について - 会社設立と個人事業主 どっちがメリットある?

社会保険について

会社設立すると必ず加入しなければならないのが社会保険で、これは個人事業主には義務付けられていませんが法人になると義務付けられますので経営者を含む正社員すべてが加入することになります。
それでは社会保険とはどんなものなのか、ここではそのあたりの話をしていきたいと思います。

はじめに社会保険の種類ですが、これは健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険の4つをまとめたものを指しています。
まず健康保険ですが、こちらは病気や怪我をしたときに病院などの医療機関にかかる場合医療費を負担してもらえる保険で、健康保険法に基づいた公的医療保険です。
次に厚生年金ですが、こちらは個人で言うところの国民年金に該当するもので、厚生年金保険法等に基づいた日本国民の義務でもあります。

さらに雇用保険は退職した後の労働者の生活を守るためにあるもので、雇用保険法に基づき国が主体となって運営している保険です。
失業保険も雇用保険から出ているもので、こちらは退職理由がこちらの都合なのか会社の都合なのかによって支給されるまでの期間が異なります。
最後に労災保険ですが、こちらは万が一仕事中事故などに巻き込まれてしまったときに支払われるものです。

そして社会保険に加入させる範囲ですが、正社員の場合健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険は原則加入義務ありで、パートでも常用的な雇用なら健康保険・厚生年金は加入が義務づけられます。
また雇用保険は会社の代表者は加入することができず、労災保険は従業員を雇用した時点で必ず加入しなければいけません。(労災保険は他の社会保険と違い被保険者という概念が無く、従業員を雇った会社は全従業員を包括的に加入させなければならない)

以上が会社設立時に知っておきたい社会保険のおおまかな説明になりますので、最低でもこれだけはしっかり把握しておきましょう。
ほかにも覚えておかなければならないことがいくつかありますから、専門家の手を借りながら覚えてください。