会社設立と節税 - 会社設立と個人事業主 どっちがメリットある?

会社設立と節税

会社設立にあたって経営者が必ず考えておかなければならないのが「節税」についてで、これを知っているかどうかで大きく変わってくると思いますから、きちんと理解しておきましょう。
今回は会社設立にあたっての節税に関するポイントをお伝えしていきます。

はじめに節税を考えるうえでまず把握しておかなければならないのが「経費で計上できるもの」で、個人事業主だとできないもののひとつに「役員報酬」があげられます。
個人事業主の場合、役員報酬を経費にすることはできませんが、会社を設立すると経費として扱うことができます。

ほかにも所得を家族で分け合うことも可能なので、たとえば1人に支払っていた役員報酬を配偶者を雇い入れて分割することによってほかの収入がなければ所得税率を下げて節税することが可能になります。
また退職金を支給できるのも会社設立のメリットのひとつで、こちらも経費になります。

さらに個人事業主と会社設立で大きく異なるのが「保険」で、個人事業主の場合生命保険などは個人で加入するものですから経費として計上することはできません。
しかし会社設立すると必要に応じて加入することができ、それを経費に計上することができるのです。

一般的に会社設立によって節税効果が感じられるのは5,000,000円が目安だと言われており、それ以下になると個人事業主のほうが良い場合もあります。
このほかにも節税に関するポイントはいろいろありますので、税理士に相談してみるといいでしょう。

税理士は会社をうまく営業していくうえで大切なパートナーになり得る存在ですから、できるだけ早く自分に合った人を見つけてください。
どの人に依頼して良いのか分からないのであればまずは複数の法律事務所のホームページを見てみたり、知り合いの経営者や経営コンサルタントに話を聞いてみてください。
節税をうまくすることは会社運営するうえで欠かせないことなので、最初の段階から重要視しておくべきです。