会社設立と個人事業主ではどちらがお得? - 会社設立と個人事業主 どっちがメリットある?

会社設立と個人事業主 どっちがメリットある? > 会社設立と個人事業主ではどちらがお得?

会社設立と個人事業主ではどちらがお得?

これから事業をはじめたいと考えている方の中には会社設立するか個人事業主としてやっていくかどちらがお得なの?と感じている方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は会社設立するほうがおすすめできるケースと個人事業主としてやっていくほうがおすすめできるケースのふたつをお伝えしていきます。

まず年間の所得(売上-経費)が700万円の場合に役員は社長のみで、役員報酬を年間600万円(月額50万円)としたケースで考えたとき、税金は会社設立だと法人税180,000円、法人事業税50,000円、法人住民税100,000円、所得税等(社長)730,000円かかり、個人事業主だと所得税が900,000円、個人住民税が670,000円、個人事業税210,000円となります。
つまりこのケースの場合は会社設立だと合計1,060,000円の税金がかかり、個人事業主だと1,780,000円の税金がかかりますので会社設立のほうがおすすめできます。

次に年間の所得(売上-経費)が280万円の場合で、役員は社長のみ、役員報酬を年間180万円(月額15万円)とした場合だと会社設立の場合法人税が180,000円、法人事業税が50,000円、法人住民税が120,000円、所得税等(社長)が100,000円となり、個人事業主だと所得税が140,000円、個人住民税が240,000円、個人事業税は0円となります。
したがってこの場合だと会社設立が450,000円、個人事業主が380,000円となりますから個人事業主のほうがお得になります。

これはあくまでもひとつのケースですから詳しいことに関しては専門家に相談するのが良いですし、実際にどちらがお得になるか分からないケースも出てくると思いますので早いタイミングで税金について学んでおいたほうが利益を出しやすいと思います。
インターネット上にもこの手の情報は数多く掲載されているので目を通してみましょう。