会社設立と個人事業主 - 会社設立と個人事業主 どっちがメリットある?

会社設立と個人事業主

事業をはじめるにあたって、会社設立か個人事業がいいのか悩むと思いますが、これはどちらにメリットがあるのでしょうか?
このふたつにはそれぞれ違ったメリットがありますので、自分に合っていると思えるほうを選択してください。
そこで今回は会社設立と個人事業主の比較をしていきますから参考にしてほしいと思います。

まずはじめに会社設立のメリットは「節税の手段が多い」また「信用がある」の2点が大きいのではないでしょうか?
法人化するといろいろなお金を経費として計上することが可能で、たとえば生命保険や退職金などもそれに該当しますし、その他いろいろな部分で経費になるお金があります。
次に信用の部分ですが、これは自分がお客さんの立場になって考えてみると分かりやすいですが、個人事業主から商品を購入するよりも法人から提供されている商品を購入するほうが信用があると思います。
さらに取引先として考えたときにも法人のほうがしっかりしているイメージがありますので取引しやすくなります。

それでは個人事業主にはどんなメリットがあるかと言うと、「利益がなければ税金も掛からない」というところと「社会保険負担が低額」というところです。
まず税金のほうですが、法人の場合赤字であっても法人住民税の均等割で毎年約7万円支払わなければなりませんが、個人事業主は所得税を支払っているので儲けがなければ支払う税金はありません。
さらに保険も国民健康保険と国民年金に加入していれば問題はありませんので、必ずしも社会保険が必要というわけではありません。
このほかにも交際費が全額経費として計上できるところや、確定申告が簡単なところなどもメリットと言えるでしょう。

以上のことを踏まえて自分が事業をはじめるなら会社設立か個人事業主かどちらがいいか判断してください。
詳しい情報はインターネット上に公開されている専門サイトでも確認することができます。