個人事業主のデメリット - 会社設立と個人事業主 どっちがメリットある?

個人事業主のデメリット

個人事業主は自由な営業ができる、はじめやすいというイメージがありますが、実はデメリットになる部分もいくつかあります。

まずひとつめは青色申告のデメリットと同様のもので「所得税の青色申告承認申請書」を最寄りの税務署に届け出る必要がある点です。
また決算書として毎年3月15日までに損益計算書と貸借対照表の両方を作成して提出しなければいけませんので、必要帳簿類も増えて管理コストもかかります。

次に「個人事業の開業届出」を提出すると年間所得が20万円以下であっても毎年必ず確定申告をしなければならず、わざわざシーズンに合わせて手続きする面倒なところがあります。

さらに法人の場合失業保険が必ずついてきますが、個人事業主の場合はそういったものがありません。
したがって万が一失業してしまったときに収入がいきなりゼロになってしまいますから、その点は大きなリスクがあります。
特に家族で自営業をしているとそこで出た利益で家族の生活を支えていかなければなりませんので、保険がない分蓄えを充実させておく必要があります。

それでは個人事業主となる目安はいくらくらいの収入が得られるようになったときなのでしょうか?
まず年収が20万円未満の場合、確定申告の必要がありませんのでわざわざ個人事業主になって確定申告をする意味がありませんから、この場合はしなくていいでしょう。
そして年間所得が20万円以上50万円未満になると確定申告が必要になりますから、青色申告を行って個人事業主となる準備を進めてもいいかもしれません。
それ以上の年間所得になるなら収入も安定してきているでしょうし個人事業主として開業してもいいと思います。

これはあくまでも目安になる金額ですから毎年の年間所得を見ながら最終的には自身で判断してください。
また確定申告に関する詳しい情報については税理士に問い合わせたほうが早いですし確実なので、この点もアドバイスしてもらいましょう。